桂林米粉 私たちの思い

米粉で作るライスヌードルは、桂林をはじめとする中国南部や台湾、ベトナム、タイ、インドネシア等アジア各地にあります。

日本では細い乾麺を戻して作った「焼きビーフン」や「スープ麺」が食べられてきましたが、「桂林米粉」はそれら各地の米粉とは大きく違います。

その違いは、生麺でできており太くて長く、さっと調理できるところです。米粉だから、ご飯のように、肉でも野菜でもどんな副食とも合うのです。

桂林米粉 私たちの思い

そんな桂林米粉を日本に初上陸させ、私たちが目指すのは地産地消、メイドインジャパンの桂林米粉です。

桂林で300年の歴史がある米粉店・廖(りょう)家の指導で麺とタレを完成。原材料は全て日本で調達し、独自の製法で麺からトッピングの品々を作りました。

米の麺と小麦の違いや、米粉の製法、秘伝のタレの奥深さを是非ご賞味ください。


桂林のソウルフードを、日本の新しいファストフードに。

私たちは挑戦し続けます。

桂林米粉 私たちの思い

ページトップ

Copyright (C) 2015 桂林米粉 山水家. All rights reserved.